木崎湖…仁科三湖のレジャースポット

レジャーの木崎湖

木崎湖は周囲6.5キロ、最大水深29メートル。
水面は標高764mの位置にあります。

仁科三湖の1番南の湖です。「レジャーの木崎湖」と言われ、
三湖のうち一番賑わってる湖です。

釣りを楽しむ方は一年中楽しめます。
特に幻の魚とよばれる「木崎マス」を
追い求めやってくるマニアも多いそうです。

また夏になるとモーターボートや
ウインドサーフィンなどで賑わいます。

昔は地元の大町市の人たちの遊泳場でもありました。
しかし家庭排水などで年々水質が汚染され、
一時は赤潮が発生するほどでした。
現在は水質は改善され、
21世紀に入ってからは赤潮は一切起こっていません。

湖の南西にある仁科神社

当地を治めていた仁科氏のお城であった
森城址が湖の南西部にあります。
今は仁科神社となっています。

木崎湖東岸を走る大糸線

湖の東側をJR大糸線がとおっており、
南から信濃木崎駅、稲尾駅、海ノ口駅と
湖の近くに駅が三っつあります。

いずれも無人駅の小さな駅です。

かつては中綱湖の東側にヤナバスキー場があり
「ヤナバスキー場前駅」というのもありましたが
スキー場閉鎖にともない駅の役目も終えてしまいました

信濃木崎駅からは直接湖は見えませんが、
稲尾駅、海ノ口駅は
ホームから目の前に木崎湖がみえます。

海ノ口の駅はアニメの「おねがい☆ティーチャー」
にも登場したので、聖地巡礼として
訪れる若いかたもいらっしゃいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする