弾誓一派の末裔が建立、摩訶不思議な石仏

岡本太郎氏も絶賛したおもしろき石仏。
三角形の大きな自然石に
別の石にほった頭部が嵌めこまれている。

10年ほど前の冬に頭部が伸びる不思議な石像として
かつて朝のみのもんたの番組でも取り上げられた。
頭部を差し込んだ穴に溜まった水が凍って
重い頭部を持ち上げてしまったのが種明かしだったが。

以前はそれほど地元でも
観光名所のような扱いもしていなかったが
10数年ほど前に行ったら、のぼり旗が何本も立っていた。
そしてその数年後行ったときには
土産物を売る小さな売店までできていた。

諏訪大社下社春宮近くの川のほとりにあり、
今やパワースポットとして訪れる人も多い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする