仁科三湖のひとつ青木湖に伝わる話

仁科三湖の一番北にある青木湖。
三湖のうち一番大きくて、一番深い湖でもあります。
その青木湖には以下のような伝承があります。

『青木湖の主は牛である事』

青木湖(平村)は周圍ニ里半もある凄い湖である。
昔は宮本神明宮(社村)の領地で西山勘平が頂つてゐたと云はれ、
神明宮の祭の時にはたけ一尺もある赤魚を百五十尾漁り、
大町九日町の鍛冶屋で火を入れ二本のつとにさし、
其處から勘平は二本帶刀を許されて宮いたり献上したものである。

青木湖の西岸に青木という小さな部落がある。
昔其處の或る百姓の家で
赤い牛を飼ってゐた所が美しい子牛を生んだ。
湖の東岸の加藏の百姓が所望して貰つていつた。
子牛は親に別れた悲しさに毎夜湖岸で泣いた。
青木の親牛はそれを聞きつけて、
或る月夜湖中に泳ぎだした。
然し力及ばず遂に湖中に沈んでしまつた。
それから青木湖の主は赤牛だと云はれてゐる。

一説には、信玄(?)が西山勘平の案内で
湖上舟遊した時、常に愛してゐた牛二頭が、
舟を逐つて湖中に入り一頭は遂に行衞分からずなつたといふ、
その折信玄は何か唱へごとを云ひながら
湖の主となれと云つたともいい傅へられてゐる。

信濃教育会 北安部会編
『北安曇郡郷土誌稿、口碑伝説篇』第1連号第1冊による

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする