アクセス解析 平安時代より歴史に名を残す豪族「仁科氏」:安曇野のパワースポット•癒しのスポット

北アルプスの麓に広がる、「信州、安曇野」のパワースポットや癒しのスポットを紹介します。

平安時代より歴史に名を残す豪族「仁科氏」

「仁科氏」は平将門の従兄弟である平貞盛の末裔であると云う説と
安曇野に移り住んで来た「安曇族」のその支族であるという説があります。


平安時代後期より伊勢神宮領仁科御厨(現在の仁科神明宮)と
皇室領仁科荘という2つの荘園を仁科氏が支配していました。

『源平盛衰記』に源氏の軍勢に「信濃国住人に仁科太郎守弘」と残っています。
木曾義仲の軍勢の中に「仁科」の名があったようです。

鎌倉の時代になると仁科氏の祖と云う説もある当時の当主仁科盛遠は
後鳥羽上皇に仕えて上皇の警備をする北面武士となりました。
しかしそれが鎌倉幕府に無断でなされたために所領を没収されました。
「承久の乱」はその処遇の撤回もひとつの原因といわれています。


「承久の乱」は後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げた乱です。
仁科盛遠は上皇より北陸道に派遣されましたが
越中国(富山県)礪波山で北条朝時ひきいる幕府軍と戦い敗れて戦死したそうです。

戦国時代、武田信玄の信濃侵攻で攻められ嫡流の仁科氏の滅ぼされました。
武田信玄は侵攻をスムーズにする懐柔作として
諏訪氏など信濃名族に対して実子に名跡を継がせました。
仁科氏は信玄の五男仁科盛信に継がせました。


仁科神明宮」「仁科三湖」「仁科神社」「仁科町」など
安曇野の北部、大町の地には今も「仁科」の名前を残します。

「仁科氏」は岡山県、福島県会津若松など全国に名前を残しますが
信州の仁科氏との関係は不明です。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0